お問い合わせ

またやります!「賃貸管理×デザイン」勉強会

    即日使えるデザインルールと賃貸管理ビジネスへの応用

    10/5に行った「賃貸管理×デザイン」勉強会。

    まだまだいろんな方に知っていただきたい! …ということで、第2回を行います。

    前回参加できなかった方、この機会にお集まりください!!

     

    さて、デザインの必要性について。

    募集図面もポップも、ほんの少しの違いだけで  出来栄えはずいぶん変わりますよね。

    格好いい、格好悪い、読みやすい、読みにくい…、

    でも、その「違い」を生み出すのはセンスだけでなく、一定の「ルール」が関係しているとご存知でしたか?

    目指すのは「装飾するデザイン」ではなく「伝えるデザイン」。

    今回のセミナーでは、実際に手を動かしながらデザインの基本的なルールを学び、さらに賃貸管理ビジネスへ応用していただきます!

     

    ※ご参加される方は、ぜひ社内で共有してください! 一人一人が気づけば、会社が大きく変わる、そんなノウハウです。

    研修カリキュラム

    【第1部】レイアウト基本

    ・5つの基本原則

    「なんかこの書類、読みづらい・・・」

    文字がギュウギュウに詰め込まれていたり、段落・項目が分かりづらかったり・・・こんな書類は情報が頭に入ってきづらいですよね。

    この項でご紹介するのはすべての資料作成の基礎となる、重要なポイント5つ!

    「近接・整列・反復・コントラスト・余白」を覚えて、相手に伝わるデザインを習得します。

    【第2部】色

    ・色相環と明度、彩度

    「ここは重要なポイントだから目立つ色を!」

    「ここは赤で目立たせたから、ここは青にしよう!」

    なんて具合で色をつけていったら、書類全体がとっ散らかってしまった、という経験はありませんか?

    重要なポイントに色をつけるのは間違いではありませんが、その色の選択一つで書類の良し悪しが決まります。

    色の基本原則、「色味・明度・彩度」。これを理解すると選ぶ色がわかってきます。

     

    ・配色のコツ

    年代・性別によって変わる色の好みや、色から伝わるイメージを理解し、より相手に伝わるデザインを目指します。

     

    【第3部】文字・文章

    ・フォントの選び方

    フォント一つで伝わるイメージが変わります。

    例えば、始末書や謝罪文書には明朝体がよく使われますが、それは親近感のあるゴシック体に対し、「大人な」「正確な」「公式な」というイメージを与えるからです。

    フォントが与えるイメージを理解し、場に合わせて使い分ける手法を学びます。

     

    ・読みやすい字詰め、行間

    字詰め、行間によって、読みやすさは格段と変わります。

    「初期設定のまま文章を打っている」という方、必見です。

    【第4部】ワークショップ

    最後のワークショップでは第1〜3章で学んだノウハウを使って、募集図面やリーシングレポート、空室改善提案シート、家賃査定書など、賃貸管理に役立つ書類を作成します。

    いま実際に使っている書類をお持ちいただいてリニューアルするか、当社が用意した課題から新しい書類を作成していただきます。

    開催日時

    日時 2016/11/18
    タイムテーブル
    9:30 開場
    10:00〜17:00 セミナー(内1時間休憩あり)
    持ち物
    PC(Microsoft officeインストール済)、筆記用具、お名刺
    場所
    会場名: オーナーズエージェント株式会社 セミナールーム
    住 所: 東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル18階
    アクセス: ・JR線・京王線・小田急線・東京メトロ丸の内線 : 新宿駅「西口」または「南口」より徒歩7分
    ・都営地下鉄線(新宿線)・京王新線 : 新宿駅「新都心口」より徒歩6分
    ・都営地下鉄線(大江戸線) : 都庁前駅「A3出口」より徒歩3分

    ※新宿NSビルは、駅の西側・南側からのびる地下通路にて新宿駅と直結しています。
    ※NSビル内エレベーター「E」をご利用ください。

    受講料

    一般企業 9,720円(税込)

    ベーシック会員様 7,560円(税込)

    主催/協賛

    主催

    • オーナーズエージェント株式会社
    お申し込み
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    PAGE TOP