学習記録

宅建保有者が、法令上の制限・税・その他の攻略法を語っちゃうんです【黒すぎる宅建士】

投稿日:2018年9月25日 更新日:

こんにちは。

黒すぎる宅建士です。

ブログ閲覧、いつもありがとうございます。

受講者のみんなと3月から始めたこのブログも(私は宅建保有者ですが)

とてつもない閲覧数を叩き出しているっていう…Σ(゚Д゚)

宅建保有者が、模試に挑戦することの重要性を語っちゃうんです

 

 

皆さんの勉強の合間のちょっとした休憩になってくれていれば嬉しいです。

私も受験日まで、しっかり応援したいと思います!

 

 

 

 

さて、いよいよ9月も月末となり、宅建試験まではなんと・・・

26日です!

 

いつの間にか、残り1か月を切ってますね。

皆さん、ラストスパート頑張ってください!

 

 

 

 

 

 

今日は以前にもブログを数回させて頂きました攻略法シリーズについて。

 

【総合】

宅建保有者が、宅建の攻略法を語っちゃうんです【黒すぎる宅建士】

 

【民法・権利関係】

宅建保有者が、宅建 民法・権利関係の攻略法を語っちゃうんです【黒すぎる宅建士】

 

【宅建業法】

宅建保有者が、宅建業法の攻略法を語っちゃうんです【黒すぎる宅建士】

 

 

 

 

 

今回は【法令・税・その他】の攻略についてまとめてみようかと思います。

 

 

ちなみに、当時の私は何度も言うようですが

「9月に入るまで、一切手を出していなかった分野」です。

それまでは得意分野を伸ばすことに集中して勉強してました。

※民法と宅建業法が満点取れれば合格ライン35点行くので(*ノω・*)

 

 

そんな中でも「法令・税・その他」の分野では、

◆5点以上の獲得を目指す

◆都市計画法をしっかりと、特に開発許可制度は毎年出ている問題

◆建築基準法は、さまざまな要件の数字をしっかりと暗記
  なかなか覚えられなかった苦い思い出です。

◆改正点となる「田園住居地域」「生産緑地法」をしっかりと確認
  ワタシ的には絶対出題されると思います、この改正点。

◆固定資産税、不動産取得税、印紙税、譲渡所得税は重要。
  自分が土地やマンションを買ったと想像しながら実際に計算してみると身につきます。

◆特例の要件をしっかり覚える

 

 

上記6点が攻略のカギを握るって感じでしょうか。

 

 

あとはひたすら問題を解きまくる!

模試も最低でも3個はチャレンジする!!

 

 

大丈夫、9月からの勉強でも合格した人もいますから!

宅建保有者が、9月から宅建勉強を始めても合格する秘訣を漏らすんです【黒すぎる宅建士】

 

 

 

私の友人は、サイコロ鉛筆で合格しましたから!!!

 

 

受験当日まで、諦めずに頑張ってくださいね!

 

The following two tabs change content below.
黒すぎる宅建士

黒すぎる宅建士

宅建保有者としてスタケン利用の受験者を励ますため、持ち合わせている宅建受験ノウハウ・勉強法・自身の過去の体験談などを余すところなく公開している。 趣味は水泳・海水浴・旅行。 趣味が講じて夏場は健康的な小麦色の肌になるため「黒すぎる宅建士」などと称される。 Googleで「宅建」と検索すると1ページ目上位に表示されるブログの執筆者。

-学習記録
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

声に出す!

みなさんこんにちは! 夏期休暇明けのあらけんです。 昨日より今日の方が電車が混んでいたので、お盆休みだった人も今日あたりから仕事の人が多いようですね〜 まだまだ暑い日が続きますが、仕事も勉強も頑張って …

【スタケン広報部】宅建は 独学 で合格できるんです

本日は私の2018年受験の経験談を元に、宅建は「 独学 」で合格できるということを語りたいと思います。   宅建「 独学 」のススメ     まずはじめに学習には自身に適 …

自習室

気がつけばもう4月10日。 時間が経つのは早いものですね。   先日、学習時間の確保に苦労しているというお話をしました。 そこで思い切ってみることに。     まだ4月な …

宅建合格への近道となる時間管理

先日、久しぶりに外で勉強しようと喫茶店へ。   平日は仕事で移動の合間に利用しますが休日はあまり利用しないので、店内にいる人達の層が違って何か新鮮な気分で利用できます。   &nb …

走り抜けた230日間

皆様、宅建試験お疲れ様でした。 このブログが始まって約7ヶ月間、お付き合いくださりありがとうございました。   スタケン広報として大きなプレッシャーを背負って始まったこのプロジェクト。 絶対 …