学習記録

宅建試験を終えて

投稿日:2018年10月25日 更新日:

皆さんこんにちは。あらけんです。

 

先日、2018年度の宅建試験が行われました。

 

受験された皆さん、本当にお疲れ様でした。

 

自己採点をされた方、いかがだったでしょうか。

 

皆さんのこれまでの努力が報われていたらいいなと、切に願っています。

 

 

 

なかなか書きたいことがまとまらず更新が遅くなってしまいましたが、私個人の話を少しさせていただきます。

 

先に言ってしまうと、自己採点の結果は「38点」でした。

 

すでに各予備校で予想ボーダーが発表されていますが、マークミスがなければおそらく合格できているのではないかと思います。

 

今回はかなり高い予想がされているので、合格発表日まで安心できず手放しで喜べない状況ではありますが、あとは信じて待ちたいと思います。

 

 

 

 

 

本番3日前から会社を休み、最後の追い込みのため自宅とカフェでがっつり勉強していました。

 

資格取得の勉強のため有給を使わせてくれる会社に感謝です。

 

 

 

この3日間は実際の試験時間に合わせて模試を解いたり、苦手分野を詰め込んだりと、やることだらけです。

 

カフェでは、コーヒー1杯で長時間居座るのも申し訳ないので、お代わりしたり軽食を頼んだりお店を変えたりとしていたら、3日間で5,000円くらい使ってしまいました(^^;;

 

軽食とかも頼むと意外と高くつきますよね(笑)

 

前々から気になっていた地元の人気ラーメン店(土日は混んでていつも行列)に足を運んだりと、リフレッシュもできました。

 

 

 

しかしながら、本番が近づくにつれ不安は募る一方。

 

前日は早めにベッドに入りましたが、プレッシャーと緊張が半端なくなかなか寝付けずさらに焦ります・・・(今思えばコーヒー飲みすぎたせいかも笑)

 

 

睡眠不足だと頭が働きそうもなかったので、朝は予定よりも2時間遅れて起床。

 

電車遅延などの不測の事態に備え、試験開始の1時間半前には会場の最寄り駅に着くように向かいました。

 

 

会場についてからは要点整理で最終確認。

スタケンを見ながら線を引いたり、追加事項を書き込んだりと、これまで一緒に頑張ってきた相棒です。

 

 

試験監督から注意事項の説明が始まり、相棒に別れを告げ、気持ちを落ち着かせて試験開始を待ちます。

 

そして、午後1時10分。。。

 

試験監督「それでは試験を始めてください」

 

いよいよ試験開始です。

 

 

と、そこでアクシデントが・・・

 

 

 

 

もちろん、ある程度予想はしていましたが、試験開始のアナウンスを聞いた途端、予想をはるかに超える緊張が込み上げてきて、頭が真っ白になってしまったのです。

 

 

 

そんな状態で権利関係第1問。

 

読んでも読んでも頭に入ってきません。

 

 

 

 

 

普段の模試から、権利→法令税→宅建業法の順番通りに解いていたので、本番でも権利から始めました。

何より、模試でも安定して12点(14問中)くらい取れていたので、自信もあったのです。

 

失敗でした。

 

しっかり考えないと答えが出ない権利の問題を、緊張で頭が全然回らない状態で解かなければいけません。

 

 

焦りと緊張の中、確答できた問題は2.3問、そして権利だけで50分も使ってしまい、法令税が終わった時点で残り38分という絶望的な状況。

 

 

問題と選択肢を読み返している時間はないので、全て一読で回答し、最後まで問題を解き終えたのは終了時刻の2分前。

 

 

見直しなんて到底できず、マークミスがないかさらっと確認する程度の時間しかありませんでした。

 

 

おまけに、マークミスを1つ発見しましたが、それと同時に終了時刻がきてしまい、直せずにタイムアップ・・・

 

 

 

 

 

「落ちたなこれは。」

 

 

 

 

終わった瞬間、いえ、法令が終わり業法に入った時の残り時間が38分の時点で、そう思いました。

 

 

 

 

 

先に記載の通り、自己採点は38点。

 

内訳はというと

 

権利    7点/14点

 

法令税   9点/11点

 

宅建業法 17点/20点

 

※5問免除あり

 

 

時間がなく「一読しか出来ない」からこそ、一言一句詠み落とさないよう気を引き締めて読んだため、それほどケアレスミスをしないで済みました。

 

 

今回、自分が望んだ点数を取ることができた方、本当におめでとうございます。

 

そうでなかった方、12月5日の合格発表まで信じて待ちましょう。

私も、マークミスがあると全然油断できない点数なのでどちらかといえば後者です。

 

また結果がわかりましたらブログで報告したいと思います。

 

 

試験の前、たくさんの人から「頑張ってね」と声をかけていただきました。

本当に力になりました。

 

 

試験の後、たくさんの人から「おめでとう」と言ってもらえました。

 

会社をはじめ、今年宅建を受ける皆さんと一緒に頑張ってきて良かったなと心から思いました。

 

これまでスタケン受講者ブログを読んでくださった皆さん、ありがとうございました。

 

最後になりますが、改めまして受験された皆さん、本当にお疲れ様でした。

The following two tabs change content below.
アバター

嵐山 健太郎

2018年度宅建試験に38点で合格! 使った教材はスタケンのみ! 知識の定着とより深い理解のため、今年も宅建受験します!

-学習記録

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

仲間・ライバルを作る

皆さん初めまして! 嵐山 健太郎(あらしやま けんたろう)、通称「あらけん」です。   スタケン受講者ブログをご覧いただきありがとうございます。 10月の宅建試験本番まで、一緒に頑張っていき …

モチベーション

先日iOS版のアプリが無事配信されましたが、皆さんご活用いただいてますか? まだインストールされていない方は、完全無料(App内課金もなし)で広告も一切表示されませんので、気軽にダウンロードしてくださ …

雑音のある環境で勉強

今日は天気が悪いので引きこもろうと決めて夕方までゴロゴロ・・・ スマホでニュースを見たり、本を読んでみたり、部屋を片付けてみたり・・・   でも、すぐ飽きました・・・なんかどれも集中できない …

過去のデータを把握する

みなさんこんにちは!あらけんです!   宅建の勉強は順調に進んでいますでしょうか。 闇雲に勉強するのではなく、しっかりと学習スケジュールを立て計画的に進めていきましょう。   とこ …

昨年の受験失敗談

以前に昨年受験の失敗談を書きましたがもう一つ失敗したことがあります。 学習は計画的に   勉強ツールの一本化ができていなかったんです。   どういうことかというと・・・ &nbsp …