関連知識

西暦でなく元号にこだわる理由

投稿日:

たまには宅建以外の記事も書きます。

約30年続いた平成の世が幕を閉じます。次の元号は万葉集から引用したものでした。国書から引用するのは大化以来初となります。

 

「初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す」という一節から。

 

安倍晋三首相は談話で、新元号に込めた意味について、「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」と述べています。

 

ビジネスでは西暦が便利?

ところで、そもそも元号は必要なのかという疑問をもつ方もいるのではないでしょうか。特に、ビジネスの面では西暦の方が都合のよい場合が多い。私は、仕事柄、国家資格試験の過去問データをエクセルで保存しています。何年度に出題されたのかという情報はデータの並べ替えがしやすいように西暦で入力しています。昔は、昭和ならs、平成ならhで入力していたのですが、それでは昭和のsが平成より後に表示されたりと不便なこともありました。

また、世界的にも、元号を使用する国はもう日本だけとなっていると聞きます。ビジネスがグローバル化して久しい現在において、西暦で世界共通させることにはメリットは大きい。

 

西暦に以降することは歴史を捨てること?

しかし、私は、ビジネスとは別の観点で、元号を残すべきと考えています。それは、世界でもっとも長く続く我が国の天皇(制)と直結するからです。歴史的には、ヨーロッパもロシアも中国も、皇帝や王朝がおりましたが、周知の通り、近代革命や共産化等により姿を消しています。神話も入れれば、約2,700年もの間、途切れることなく続く王朝は世界では日本だけとなっています。

また、一時期、古くは我が国も中国の王朝の元号を使用するという時期がありましたが、朝鮮半島は中国王朝に従属し続けたのとは異なり、日出ずる国として当時の中国王朝に従属しないという独立の意思を示して以来自ら元号を定めています。

つまり、自ら元号を定めることは独立の意思を示すことだったわけです。大袈裟かもしれませんが、我が国が元号を捨て西暦だけで暦を定めることになれば、完全に西洋の文化の支配下になったことを意味するのではないでしょうか。

 

元号を後世に残す理由

戦前においては、我が国は、西洋の文化を吸収しつつも、我が国の文化を重視し、世界中の言語を日本語に訳し書籍化することで、「日本に行けば世界中の本が読める」と言われ、世界中の人たちが日本に来て学ぶ文化圏を作り上げていました。また、戦前において我が国は、世界ではじめて人種差別撤廃の提案を国際機関に訴えることもしています。黒人奴隷がまだ普通だった世界においてです。それは、天皇が国民の上に君臨するのではなく、中心に象徴として寄り添うような日本独自の国家観が生んだ平和思想が故だと私は思っています。悲しいかな、それをアジアに広めようとする我が国の思惑と、アジアを植民地化したいとする当時の西洋列強との間に衝突が生じ戦争になり、敗北しました。

戦後、我が国の政治家や官僚は、必死に天皇制という国体だけは守り抜きました。その精神は元号にも残っていると思います。元号を捨て西暦に移行するということは、戦争に二度負けることを意味するので、私は大反対ですね。

今回の元号で、中国の書籍からの引用もやめたことで、令和の時代において日本が世界に果たす役割がますます大きくなることを期待しています。

 

The following two tabs change content below.
アバター
宅建試験を知りつくす不動産取引法務の専門家 株式会社Kenビジネススクール代表取締役社長 2004年に設立した同社は登録講習、登録実務講習の実施機関として、国土交通大臣の登録を受けている。 うかるぞ宅建士シリーズ、サクッとうかる宅建士シリーズ他多数の書籍を執筆。 スタケン講師、企業研修の講師(2018年度において合格率100%の実績がある)としても幅広く活躍している。

-関連知識
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【黒すぎる宅建士】宅建保有者が、宅建試験勉強の始め時を語っちゃうんです

こんにちは。 黒すぎる宅建士 です。 いつもスタケンブログを読んでいただいて ありがとうございますヽ( ・∀・)ノ   また、新成人の方々おめでとうございます\(^o^)/   & …

【スタケン広報部】令和元年度 宅建申込 迫る!

もう間も無く7月。7月といえば・・・そうなんです! 宅建申込 が始まります!(意外と忘れちゃうんですよね〜これが) みなさんせっかく勉強したのに申込を忘れるなんてことがないように、気をつけてください! …

【スタケン広報部】 登録実務講習 に行ってみた①

久しぶりの投稿です。本日は「 登録実務講習 」について書いていきたいと思います。   主に広報としての業務等を中心にやってる自分は実務経験がないので、宅建士登録するには登録実務講習を受けなけ …

【絶対合格!!】〜Do my best〜じゃ意味はない 

みなさんこんにちは       スタケンブログの崖っぷち担当 進撃の☆ヒロです。             いよ …

【スタケン広報部】 宅建試験日 まであと・・・宅建にのめりこむ魔法のようなテクニック

宅建試験日 まであと クリックしてブックマークして下さい   そうなんです。着実にその日が迫っております。 4ヶ月ぐらいしかないじゃん! いや〜焦りますよね。本気で合格狙っている人は少しづつ …