学習方法

暗記の最後は力業!|WEB宅建講座「スタケン」

投稿日:2019年4月22日 更新日:

 

みなさんこんにちは!あらけんです。

 

平成も残すところあとわずかになりました。

 

「令和」最初の宅建合格者となるため、勉強は順調に進んでいますでしょうか。

 

宅建に限ったことではありませんが、勉強は内容をしっかりと理解することが大事です。

 

しかし、資格試験となると、最後は力業で暗記をしなければならないこともたくさんありますよね。

 

今回は、昨年実際に自分が暗記に困った時にやっていた語呂合わせをお伝えしようかなと思います♪

 

一度で出し切ってしまうと次回以降のネタがなくなってしまうので、小出しにしますがご容赦ください(笑)

 

個人的に覚えるのに苦労したのが法令制限。

 

特に用途規制のところ。

 

数も多いし皆さんも苦労されているんじゃないでしょうか。

 

なんの工夫もなく覚えようとしても、なかなか入ってきませんよね・・・

 

 

ただ、用途規制の表を眺めていると、13種ある用途地域において規制を受ける(×が並ぶ)のは、表の左側か右側、もしくは両方に偏っていることが多いです。

 

 




13種の用途地域を全て覚えていることが前提となりますが、例えば、病院。

 

病院が規制を受けるのは左側3つと右側の2つです。

 

そこで私は、病院の用途規制については「病院におじいさん(3)たり(2)」と覚えました。

 

 

 

左5つ、右2つの規制を受けるホテル・旅館ついては、

「親、公(5)認(2)の彼女と旅行」

 

カラオケは、

6人でカラオケに行こう!」

 

といった感じです。

 

なんだ分かりづらいじゃないか!と思った方もいるかもしれません。

 

しかし、これはあくまで語呂合わせ。重要なのは、自分で意味付けするということ。

 

自分で意味付けしたことは印象強く残ります。

 

どうしても暗記ができない!

そんな壁にぶつかった時は、ぜひ自分で語呂合わせを考えてやってみてください。

 

次回は、私の珠玉の語呂合わせを紹介したいと思いますので乞うご期待!




The following two tabs change content below.
アバター

嵐山 健太郎

2018年度宅建試験に38点で合格! 使った教材はスタケンのみ! 知識の定着とより深い理解のため継続して勉強していきます。

-学習方法
-, , ,

執筆者:

逆回転学習メソッドで宅建「一発合格」スタケン