学習方法

宅建理解度が劇的UP!テキスト活用型オンライン通信講座の魅力

投稿日:2022年4月20日 更新日:




不動産業に従事する人の多くが目指す宅建資格。勉強方法はさまざまありますが、効率良く勉強して手っ取り早く合格したいのであれば、テキスト活用型オンライン通信講座がおすすめです。しかし初めて宅建学習を始める人は、他の勉強方法との違いや魅力がわからず、どのように勉強すれば良いか悩むでしょう。そこで今回は、テキスト活用型オンライン通信講座の魅力について詳しく解説します。宅建学習の理解度を上げたい人は、ぜひ参考にしてください。

【方法別】宅建合格のために必要な勉強時間

独学・スクール通学・通信講座などと勉強方法はさまざまありますが、まずは宅建試験について理解して勉強を始める必要があります。以下では宅建試験における合格に必要な勉強時間について、勉強方法別に解説します。

独学の場合

宅建試験の一般的な勉強時間は200~300時間と言われており、1日の勉強時間の調整によって2~6ヶ月の期間を使って勉強していくことになります。その中で勉強方法を独学にする場合、初心者・経験者など知識量によって勉強時間や期間が左右されやすくなります。初心者だと、1日2時間程度の勉強を6ヶ月間かけて進めていくのが1つの目安といえるでしょう。経験者であれば、1日2.5時間程度の勉強を3ヶ月間で行うなど、自身の苦手分野やわからない分野に絞って集中的に勉強できるため、独学でも勉強時間を短縮できます。

オンライン通信講座の場合

オンライン通信講座の場合、勉強時間の確保に関して独学と同じく自由度が高いため、初心者・経験者どちらもスケジュールに合わせて調整しやすく、日によって勉強時間を変えることもできます。場所を選ばず、いつでもどこでも勉強できるのがオンライン通信講座の魅力の一つなので、スキマ時間を活用して効率良く勉強することができます。スキマ時間を含めると1日の勉強時間が多く確保できるので、初心者の場合でも1日3.5時間程度の勉強を3ヶ月続ければ、十分合格を狙えるでしょう。

スクール通学の場合

スクール通学の場合、受講するスクールによって、また選ぶコースによってカリキュラムが決まっているため、あらかじめ決められた日程で決められた時間の勉強をしなければなりません。コースは初心者向けや経験者向けなど分かれており、コース内容によって期間や金額が異なります。スクール通学の場合はどれだけ忙しくても時間の融通が利かず、また通学の時間もかかることから1日の勉強時間(移動時間含める)を長めに確保する必要があります。講義の時間は1時間半~2時間半などスクールやコースによって異なりますが、移動も含めると1日4時間程度の確保が必要。また、決められた日時で3ヶ月~1年程かけて通学することになります。仕事のスケジュールが変わりやすい方にとっては厳しい勉強方法といえるでしょう。

宅建合格に必要な勉強時間が200時間〜300時間って本当?合格者の経験談を徹底検証

 

それぞれの勉強方法ごとに勉強時間は異なるものの、最低3ヶ月など一定の期間かかります。さらに宅建初学者か経験者かの違いによっても勉強期間にバラつきがあり、自分のレベルに合った学習法がいまいちよくわからない、という方もいるでしょう。

しかしテキスト活用型オンライン通信講座であれば、上記のような勉強方法よりも効率良く理解でき、より短期間で学習効果が期待できます。周りよりも宅建の理解度を高めたい場合や短期間での合格を目指したい場合には、利用すべき勉強方法です。

テキスト活用型オンライン通信講座とは

テキスト活用型オンライン通信講座とは、オンライン通信講座で受講する講義のベースに「テキスト」を用いることです。通信講座用にオリジナルのスライドを作成するのではなく、テキストに沿って学習を進めていく方法です。テキスト活用型を採用しているスクールはあまり多くありませんが、一般的なオンライン通信講座ではなくテキスト活用型となることで、より身軽に勉強ができるなどさまざまなメリットが生まれ、勉強しやすさを実現している勉強方法といえるでしょう。

【 2021年令和3年宅建試験 】通信講座を活用した独学がオススメな理由 >

 

テキスト活用型オンライン通信講座の魅力

宅建は学習レベルや勉強方法によって必要な勉強時間や勉強量が変わってきます。人気の勉強方法の一つであるテキスト活用型オンライン通信講座について、他の勉強方法との違いがよくわからず利用していないという人も多いですが、テキスト活用型であるかどうかで宅建への理解度は大きく変わるでしょう。以下では、テキスト活用型オンライン通信講座の具体的な魅力について解説します。




効率良く学べる

オンライン通信講座全般は、自分のペースで無理せず勉強を進められ、またスキマ時間を活用できるため効率良く勉強できます。普段なかなか勉強に時間を割けない人も、スマホで勉強できれば数分、数十分の空いた時間を勉強に充てられ、結果的にその積み重ねで1日に何時間も勉強時間を作ることができます。また、テキスト活用型であればテキストの内容も同時に勉強できるので、しっかり身が詰まった知識の習得ができるでしょう。

1人での学習と比べてテキストの内容を理解しやすい

テキスト活用型オンライン通信講座を利用すると、テキスト内容の理解度を格段に上げることが期待できます。通常のオンライン通信講座はテキストの内容をもとに、講師が各分野・項目について解説する動画になっており、テキストを読み込む作業は自身で行うもの。しかし、テキスト1冊を読み込む作業は想像以上に難しく、独学の場合は特に法律用語や専門用語の読解にも苦戦してしまい、挫折の原因につながることも少なくありません。

その点、テキスト学習と動画学習を同時に行える“テキスト活用型”は、講師の解説付きでテキストを読み進められるため読み込み作業が楽になるだけでなく、学習効率も上げられます。まるでスクールで講義を受けているような感覚でスラスラと理解していけるため、1人で覚える苦労や負担を感じることなく学習が進められるでしょう。

テキストなしで学習可能

テキスト活用型であれば、テキストがなくても学習することができます。通常のオンライン通信講座では、オリジナルの講義スライドを作成して講義が進んでいくため、手元にはテキストを用意して“どの範囲のどの内容について解説されているか”を確認しながら読み進める必要があります。それに比べてテキスト活用型は、テキストの中身を解説しているため、自身でわざわざテキストを用意する必要はなく、画面だけを見て学習を進められます。

そのため外出先や移動中などテキストの持ち運びが難しい場合や、急にできたスキマ時間を利用できるだけでなく、動画だけに集中して学習できるでしょう。たっぷりテキストを使って講義を行っているため、テキストを購入せずとも宅建学習が可能、といっても過言ではありません。作業効率が上がるだけでなく理解度も上がり、さらに学習費用も抑えられるのは大きな魅力です。

【2022年最新版】宅建過去問の活用法を徹底解説!救世主アプリとは?

必要ないものが視界に入らず集中しやすい

テキスト活用型のオンライン通信講座を受講すれば、通常のオンライン通信講座よりも集中して動画を視聴することができます。通常のオンライン通信講座や対面での講義・授業の場合、解説内容が書かれた箇所以外に人やモノが視界に入り、学習内容とは関係のない部分が気になってしまうなど集中力が散漫になってしまうことが多々あります。

しかしテキスト活用型の場合は、解説している講師の顔や手が画面に映ることなく、テキストのみの画面で解説されていきます。余計なものが映り込まないため、解説内容だけに集中することができるのです。また、視覚と聴覚で学習する方法は記憶が定着しやすくなる暗記力UPの学習方法です。テキスト活用型オンライン通信講座は動画を見て聴くだけでインプットが効率的に行えるため、独学が苦手な初学者にもおすすめの学習法といえるでしょう。

動画のコマ割りが項目別・短時間で見やすい

講義動画のコマ割りが項目別・短時間であるのも魅力の一つです。「一時停止」機能は、動画学習のメリット・デメリットどちらにもなり得えます。数あるオンライン通信講座のなかには、講義が1時間や1時間半のものなど長時間に及ぶものもありますが、あまりに長くなってしまうと集中力が途切れてしまったり、スキマ時間に収まらなかったりして「また別のタイミングで見よう」と動画を中断することになってしまいます。しかし動画を中断すると一連の流れで内容を理解できず、一定の時間が経過するため内容を忘れ、再度学習し直すことになり学習方法としては非常に効率が悪くなってしまいます。

テキスト活用型の場合、1コマが15分前後で項目ごとに短く分けられています。この1コマの短さが見やすさにつながっており、さらにテキスト活用型であることによって集中力も高められるため、短時間集中で1つもしくは複数の項目について深く理解できるのです。

学習レベルを問わず利用できる

テキスト活用型オンライン通信講座であれば、宅建初学者から経験者まで幅広く活用できます。通常のオンライン通信講座やスクール通学講座の場合、レベル別に分けて講座が複数あり、それぞれのレベルに合わせたカリキュラムが組まれています。そのためレベルが異なると理解度も変わり、講座ごとに料金も変わってくるなど、講座選びが難しいのが難点。それに比べてテキスト活用型は、万人が学習しやすいようになっています。

そもそも実際に学習で使用するテキストは、学習レベルが異なっている場合でも同じものを使用していることが多く、また内容に関してはほとんど変わりません。テキストを利用せず、解説のみの講義動画だと解説内容によって理解度が変わってしまう一方で、テキストを用いれば基礎的な部分からテキストに沿って見て学ぶことができるため、学習レベルはさほど関係なく理解していけるのです。さらに、講義動画1コマが細かく項目ごとに分かれているため、学習の進め方がわからない初学者は順番どおり一から網羅して、経験者の場合はわからない項目の強化をすべくスポットで視聴するなど、自身のレベルにあわせたカリキュラムを組める点が大きな魅力といえるでしょう。

【2022年最新版】宅建は動画で学ぶ!理解度を高めて最短合格を実現

まとめ

テキスト活用型オンライン通信講座で宅建の勉強をすれば、ボリュームのある内容を効率良く学ぶことができます。短期間で勉強したいけど初心者で自信がない、とにかく効率良く勉強したいけど、細部まで抜かりなく知識を入れておきたい、という人はぜひテキスト活用型オンライン通信講座で宅建合格を目指しましょう。




The following two tabs change content below.

Saaya

不動産業界歴7年、2014年宅建士取得。 たまにライターのお仕事をさせて頂いています。 休日は映画鑑賞、犬とドライブすることが趣味です(^^)

-学習方法

執筆者:

人気記事