Plan

スタケンの
短期合格学習プラン

短期間で合格を目指すためには、無駄を削ぎ落とした効率的な学習が必要不可欠です。過去に出題されている頻度が高く、必ず出るような問題は確実に解けるようにしておかなければなりません。

全てを完璧にするのではなく、試験に出る優先順位が高いものから重点的に学習していきましょう。資格試験では内容を理解する「インプット学習」と問題を考えて解いていく「アウトプット学習」を効果的に行うことが習熟度を高める上でとても重要になってきます。ただ、ひたすら動画やテキストを読むだけじゃなく、覚えたことを問題を通して、どう考え解いていくことができるか。教材をうまく活用して、しっかりと記憶を定着させるサイクルを構築していくことが短期間合格のポイントになります。

まずは、動画やテキストを活用して基礎を固めます。そして過去問集は、一問一答で問題が解けるようになってから四択問題へと進んでいきます。さらにこのサイクルを繰り返すことで、記憶の定着と弱点のあぶり出しを行います。本試験1ヶ月前の直前期では予想模試に挑戦することはもちろん、これまでの弱点を重点的に復習し、本試験に臨めるようにしましょう。

宅建試験を攻略するポイント

試験の概要と傾向を知る

宅建試験は毎年7月から申込受付を開始し、10月の第3日曜日に実施されます。試験では「権利関係」「宅建業法」「法令上の制限」「税・その他」の4つの分野から問題が出題されます。

問題数は50問、解答は四肢択一のマークシート方式となっており、試験の時間は2時間です。出題数は分野ごとに異なり、それぞれの分野に特徴があります。しっかりと出題数や重要度、過去の傾向などを抑えた上で学習の計画を立てましょう。

合格に必要な目標時間を設定する

宅建の合格に必要な勉強時間は、約200~300時間です。単純に1日2時間程度時間が取れると考えた場合、100日〜150日程度必要となるため、3ヶ月〜半年程度勉強に当てることになります。

宅建に合格するためには70%以上の得点率が必要です。合格率は例年15%以下になるため、決して簡単な資格とは言えません。自分の知識レベルや学習可能時間を踏まえた上で対策をすることで、短期間で学習効果を発揮しやすくなります。

スキマ時間活用が合格の鍵

勉強は食事と一緒です。朝、昼、晩としっかりバランスよく学習することがとても大事です。朝と昼を食べず、夜だけ大量に食べようとしても食べられる量は限られます。これは勉強にも同じことが言えます。一気に覚えようとしても記憶できる量は限られます。バランスよく勉強して学習能率を上げることが大切です。

「机に向かう=勉強」という概念はなくなり、これからは場所を選ばず、いつでも気が向いた時に勉強ができる、新しいスタイルの学習方法を活用することが合格への近道となります。

Curriculum

スタケンの
合格を実現するカリキュラム

スタケンは「テキスト活用型」の講座を採用しています。宅建士資格は、市販の参考書を1冊でも十分に合格できる可能性のある資格ですが、テキストだけで理解する道のりは険しく、多くの受験者が勉強をあきらめ、合格を逃してしまっているのが現実です。「テキストを読むだけじゃ理解できない」そんなユーザー様のリクエストにお応えし、「テキストを動画で覚える」ことにフォーカスした初心者に優しいカリキュラムとなっています。

さらに宅建試験は過去問を徹底的に攻略しなければなりません。出題される問題の7〜8割は「焼き増し問題」です。そのため、ひっかけパターンを、過去問をたくさん解いて訓練を重ねることで、対策していくことができます。暗記してしまうぐらい過去問集を使いこなして、どんな問われ方で出題されても、答えを導き出せるようにしましょう。

このインプットとアウトプットを繰り返し行うことで、高い学習効果を発揮することができます。

分野項目出題頻度目安時間1回転目2回転目3回転目
権利関係制限行為能力者制度B120~4/10~7/3~8/14
意思表示S240
代理S240
時効S120
条件・期限・期間C30
不動産物権変動S180~4/17
所有権・共有,地役権等A60
担保物件C30
抵当権・根抵当権S300
連帯債務・保証債務等B180
債権譲渡A60
債務不履行,損害賠償,解除S240~4/24~7/10
売買契約・契約不適合責任S120
弁済・相殺A60
賃貸借S300
その他の契約C60
不法行為A180
相続S180~5/1
借地関係S180
借家関係S180
区分所有法S180
不動産登記法S180
宅建業法宅建業とはA60~5/8~7/17~8/21
宅建業の免許S240
宅地建物取引士S120
営業保証金S60
保証協会制度S60
広告規制と契約締結時期制限S30~5/15
媒介契約の規制S180
重要事項説明S180
37条書面(契約書面)S180
クーリング・オフS90~5/22~7/24
手付の額の制限・手付金等の保全S90
自ら売主規制(総合)S60
担保責任の制限A60
その他業務上の規制     S180
報酬額の制限S120~5/29
監督処分・罰則S60
住宅瑕疵担保履行法S60
法令制限都市計画の内容・都市計画制限等S240~6/5~7/31~8/28
開発許可S240
建築確認・単体規定S180~6/12
集団規定S300
宅地造成等規制法S180~6/19
土地区画整理法S300
農地法S240
国土利用計画法S240
その他の法令上の制限C60
税他不動産取得税S120~6/26~8/7
固定資産税S120
印紙税B120
登録免許税B120
所得税B120
贈与税C120
地価公示法S60
土地・建物の鑑定評価A120
住宅金融支援機構S60五問免除
公正競争規約S60
土地S60
建物S60
統計S30

STEP1

学習マニュアルをチェック

まずは宅建試験の全貌を知ることから始めます。敵を知らなければ対策を立てることができません。そこでマニュアルを確認し、宅建試験の概要から試験の出題範囲や傾向、配点など試験に関する概要を把握します。講座では講師によるガイダンス動画もご用意しております。各分野の攻略法や学習のポイントなどを理解しながら、スタケンの講座・教材を効果的に活用していく方法をチェックしていきます。

STEP2

動画&テキスト

宅建の重要な基礎力は動画とテキストを使って身につけていきます。講師が大事なポイントを抑えながら解説するので、初心者でもわかりやすい内容となっています。動画を見てからテキストを読み返す、またはテキストを読んでから、動画で理解度を高める。ご自身に合った方法で進めていくことができます。そして理解できるまで繰り返しインプットしていきます。経験者はテキストや動画だけで進めていくことも可能です。

STEP3

確認テスト&実践テスト

動画とテキストでインプットができたら次は過去問を解いていきます。いきなり四択に挑戦するのではなく、必ず一問一答形式の問題で確認テストを行います。一問一答は解答を正確に導き出していけるようになるまで繰り返し行うことが理想です。一問ごとに正誤をしっかりと導き出されるようになってから、四択形式の実践テストに挑戦します。選択肢一つずつに「正しい」「誤っている」と判断できるようにしましょう。

STEP4

最低でも3回以上は繰り返す

動画やテキストを用いた学習、確認テストと実践テストは1回だけではなく、3回以上は繰り返し学習することをおすすめします。どんなに完璧に理解できたとしても、時間と共に記憶力は低下してしまいます。自分の苦手なところの抽出や、記憶の曖昧なところを認識するためにも、インプット学習とアウトプット学習を繰り返し行うことが有効です。

STEP5

予想模試

本試験対策には模擬試験が有効です。これまでの学習の成果を試す意味でも、新しい問題に挑戦することは必要不可欠です。これまでの学習環境とは違い、試験会場では緊張や慣れない環境で本来の成果を出すことが難しくなります。そのため、実際に時間を計って、問題をプリントアウトし、自宅以外の場所で本試験をイメージしながら実践しましょう。さらに新しい法改正問題は模試でしか解くことができません。まだリカバリーが可能な9月頃にチャレンジすることを推奨します。本試験のために、問題の解く順番や時間配分の目安を必ず作りましょう。

STEP6

総復習(弱点を重点的に)

全ての学習をあらかた終えたら、最後は今まで解いた問題で正答率が低いものなど、弱点を強化する学習に取り組みましょう。テキストや動画を利用して、おさらいすることも効果的です。さらに宅建業法など配点が多い分野の復習もマストです。この時期には新しいことを覚えるのではなく、より合格にフォーカスした「点数を伸ばすための学習」に切り替えていきましょう。弱点の攻略と暗記分野の復習が重要となってきます。

STEP7

本番

試験当日は、問題を解く順番と時間配分が極めて重要になります。必ずしも1問目から解くことが正しいとは限りません。自分の得意不得意や模試の経験を活かして進めていきましょう。試験まで努力してきた時間は裏切りません。自信を持って当日を迎えられるようにしましょう。

Style

スタケンの
学習スタイル

スタケンの学習は主にスマホを活用。動画も過去問集も全て一番身近にあるスマホを使うことで、いつでもどこでも勉強できる環境を作り出すことができます。自分のペースで、「好きな時」「好きな所」で気軽に開始することができます。電車の通勤で動画を見たり、ランニングしながら音声を聴いたり、カフェで過去問を解いたり。ベッドの上でくつろぎながら勉強したってOK。自然体で無理なく勉強することができるから、試験までの学習が苦になりません。

自分のペースで勉強できる

スキマ時間を有効活用できる

場所を選ばず勉強できる

最後まで無理なく続けられる

STYLE 1

テレワーク時はスキマ時間を有効活用できるチャンス。終業したら即学習モードに

テレワークを使える方はオンライン学習のメリットがたくさん。自宅にいればスキマ時間を使った、集中できる環境での学習が可能です。

1日のスケジュール(平日2時間の場合)

始業まで 20分
20分
昼休憩 20分
40分
終業後 20分
60分
就寝前 60分
120分

在宅勤務でのメリットを活かして仕事と学習のスイッチを瞬時に切り替え。仕事の延長として学習に取り組むことで、集中力も高まり効果的に勉強することができます。うまくテレワークのスケジュールと組み合わせて学習することがポイントです。

STYLE 2

休日は気分転換に自宅以外の施設を利用して、ゆったり勉強して過ごす

何かと誘惑が多い自宅では集中できず、外で学習することが多いという方はスマホを活用して過去問でアウトプット学習を重点的に。

1日のスケジュール(休日3時間の場合)

自宅 30分
30分
ランチがてら近所のカフェ 60分
90分
帰宅後 30分
120分
就寝前 60分
180分

机に向かってまとめて3時間勉強するというのは、なかなか集中力を持続させるのが難しいですが、1日の学習時間を朝、昼、夜とうまく分散させることで負担をかなり軽くすることができます。

STYLE 3

通勤時間をフル活用して、毎日コツコツと継続して学習する

仕事が忙しくてなかなかまとまった勉強時間を取れない方は、電車や車での通勤時間をうまく活用することが合格への鍵となります。

1日のスケジュール(平日2時間の場合)

通勤の電車(車) 30分
30分
昼休憩 30分
60分
帰宅中の電車(車) 30分
90分
自宅学習 30分
120分

たくさんの時間を確保して勉強することが苦手、あるいは確保できない方は、通勤時間を徹底的にフル活用することで、コツコツと学習を続けながら合格を目指すことが可能です。

Sub Contents

スタケンの
受験をサポートする「副教材」

コラム

宅建受験者の学習記録や試験ノウハウなど宅建にまつわる様々なテーマの記事を定期的に配信しています。出題分野ごとにポイントを抑えた記事や、試験を攻略するテクニックなど、このコラムならではの情報が盛り沢山です。同じ受験者の悩みや実際に合格した先輩たちの貴重なノウハウやスキルも学ぶことができます。

YouTube

本動画講座に含まれている民法をテーマにしたコント動画や、スタケンを使って宅建合格を目指す女性にフォーカスした動画など、試験対策に役立つノウハウからバラエティ色豊かなものまで幅広い動画コンテンツを配信。渡邊先生による試験攻略のテクニックも試聴することができます。勉強の息抜きにぜひご活用ください。

今すぐ無料で講座を
ご利用いただけます

簡単登録ですぐに利用可!宅建試験出題項目の中から権利関係、宅建業法、法令制限の動画講座が約4時間分ご視聴いただけます。さらに四択形式と一問一答での過去問集もご利用いただけます。まずはお気軽に無料体験をお試しください。

※ご登録いただいた個人情報を用いての営業活動は一切行いませんのでご安心ください。無料体験者様限定で宅建試験に関するお役立ち情報をまとめたメールマガジンを配布させていただきます。

3項目入力するだけですぐ利用可!

SITE MENU