お問い合わせ

無料e-book「小テスト付き!不動産業界の社員教育」

2018.09.26
  • e-book

    本書で実現できること

    • 社員教育の目的を知る
    • 社員教育の提供方法とそのメリット・デメリットを知る
    • 新しい学習法「e-ラーニング」の失敗・成功事例
    • 教育計画の立て方を知る

    業績UPに直結する「社員教育」

    社員教育の必要性

    本ページをご覧いただいているということは、少なからず社員教育が必要だと感じていることだと想像します。ではなぜ必要だと感じているのでしょうか?

     

    ◯スタッフが、投資分析・相続・節税対策などオーナー様との会話についていけない。

    ◯スタッフが、オーナー様との会話の中に売上に直結しそうなネタがあったにも関わらず、スルーしてしまった。

    ◯会社が大きくなり社員の質を保つのが難しくなってきた。

    ◯スタッフ数が増え、会社の理念が浸透しづらくなってきた。

    ◯育てても辞めていき、また一から育てる…マネージャーへの負担がとても大きい。

    ◯教育の効果が可視化されていないので、本当に理解しているのか管理者が把握できない。

     

    上記のようなお悩み・相談を全国の不動産会社さんからお聞きすることは少なくありません。

    社員教育の目的

    上記のような悩みを解決するために必要なのが「計画的な社員教育」で、これには大きく分けて二つの目的があると考えられます。

     

    <1>共通の意識を持たせる
    社会における常識、ルール、マナー、規律などを習得させ、社会人としての最低限のスキルを学んでもらいます。
    また、企業の一員として必要な意識、考え方、理念、文化などを浸透させ、従業員のベクトルを合わせることができます。

     

    <2>スキルアップによる業績UP
    基本的な業務を遂行するためのスキルを学び、さらにそれらのスキルや知識を高めることで、高度な業務を遂行することができ、業績UPを狙えます。

     

    また、社員教育にはOJT、研修などいくつかの提供方法があり、それらのメリット・デメリットを簡単にまとめたものが下記の表です。

    このメリット・デメリットを理解し、複合的に提供することでより体系的に、より効果的に学習することができます。

     

    本書ではそのメリット・デメリットや教育計画の立て方について、また近年常識化してきたパソコンやスマホを使った学習法「e-ラーニング」の導入失敗事例・成功事例をご紹介しています。

    ダウンロード

    無料ダウンロードはこちらから。e-bookダウンロードまでの流れは以下の通りです。

    (1)オレンジ色の「ダウンロード」ボタンをクリックしてください

    (2)フォームに必要事項を入れ、送信してください

    (3)ダウンロード画面に変わりますので、「ダウンロード」をクリックしてダウンロードしてください。

    (4)同時に自動送信されるURLのリンク先からもe-bookをダウンロードしていただけます。

    導入事例紹介

    PM - プロパティマネジメント - の手引きへ戻る
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    PAGE TOP