学習方法

宅建試験直前期は暗記カードがおすすめ!勉強法も解説

投稿日:2023年8月18日 更新日:

「宅建試験の直前期にどのような勉強をすればいいか分からない」
「宅建試験の勉強に暗記カードは使えるの?」

上記のように疑問を抱えている方向けに、記事を作成しました。

宅建に合格するためには、スキマ時間を活用した勉強と、語呂合わせのような脳の構造を利用した勉強を取り入れる必要があります。

暗記に強くなれば宅建合格が近づくので、今回は暗記カードを利用して、効率的に学習を進めていく方法を紹介します。

ガースー
ガースー
暗記カードを活用すると、スキマ時間を活用しながら合格を目指せます。効率的に専門用語の意味を覚えたい方は、今日から暗記カードを持ち歩きましょう!
本記事のまとめ
 
  • 宅建は丸暗記で合格することは難しい
  • しかし、暗記を怠ってしまうと合格がさらに遠くなる
  • 合格を目指すには暗記カードを活用して暗記分野をマスターすることが重要
  • 暗記カードを活用するコツは効率を意識して高速スピードで回すこと
  • 暗記分野以外の学習はスタケンの利用がおすすめ
  • スタケンを利用すると難しい分野をプロが解説してくれるため、最短合格を目指せる
  • 暗記カードとスタケンの併用が合格への最短ルート


\ 合格時全額返金キャンペーン/



宅建は丸暗記で合格できる?

宅建は丸暗記で合格できる?

結論から言うと、丸暗記で宅建を合格するのは難しいです。

引用元:retio

上記の問題のように、宅建は4択問題から正しいものを1つ選ぶ形式の試験なので、学んだ知識を自分なりに解釈して回答する力が求められます。

もちろん、宅建に出題される法律を全て暗記すれば宅建には受かりますが、合格までに必要な勉強時間と言われている300時間をはるかに上回る勉強時間が必要となります。

宅建の専門用語を覚えると、法律が頭に入ってくるようになるので、まずは専門用語を暗記カードに書いて覚える勉強方法が効率的でしょう。

宅建学習で暗記カードを使うメリット

宅建学習で暗記カードを使うメリット

宅建学習で暗記カードを使うメリットは、以下の3つです。

  • 仕事先でもスキマ時間に学習できる
  • 学んだことを効率的に復習できる
  • 苦手範囲に焦点を当てて学び直せる

1つずつ確認していきましょう。

仕事先でもスキマ時間に学習できる

暗記カードを使って宅建学習をすると、勉強時間を確保しづらい仕事先でもスキマ時間に学習可能です。

電車通勤の場合、通勤・退勤時間を合わせると、合計1時間の勉強時間は確保できます。

また、昼休憩も勉強すれば、仕事先で合計2時間は勉強できます。

宅建試験まで余裕が無くても、スキマ時間を活用できれば合格がグッと近づくので、暗記カードを最大限活用しましょう。

学んだことを効率的に復習できる

宅建学習で暗記カードを使うと、学んだことを効率的に復習可能です。

試験まで残り2か月というこの時期は、手を付けられていない範囲の勉強とこれまで学んできた復習の両方を同時に進める必要があります。

復習に力を入れすぎるといつまでも勉強が進まないですが、復習の手を抜きすぎると学んだことを忘れてしまいます。

宅建に合格するためには「いかに復習を効率化できるか」が重要なので、暗記カードを活用して効率的に復習しましょう。

なお、暗記カードよりもさらに学習効率を上げたい方は、通信講座の利用がおすすめです。

苦手範囲に焦点を当てて学び直せる

暗記カードを活用すると、苦手範囲に焦点を当てて学び直せます。

宅建の点数を効率的に伸ばすためには、自分の苦手範囲を把握し、その上で苦手範囲を改善する必要があります。

暗記カードを使えば、苦手範囲をピックアップしてスキマ時間に復習できるので、効率的に点数を伸ばせるでしょう。

直前期に点数を伸ばせる暗記カードを使った勉強法

直前期に点数を伸ばせる暗記カードを使った勉強法

暗記カードを使った具体的な勉強法は、以下の通りです。

  1. 範囲が広い暗記カードを購入する
  2. 表に法用語を記載する
  3. 裏に法用語の意味を記載する
  4. 表を見て意味を思い浮かべる
  5. 最後に裏をちらっと見る

まずは、記載できる範囲が広い暗記カードを購入しましょう。

英単語の暗記などとは違い、宅建は法用語を覚える必要があるので、記載できる範囲が広い暗記カードが必要です。

「暗記カード」は英語学習で最強に役にたつアイテムであることが判明!大学入試合格者にアンケートしてみたよ | まこちょ英語ブログ

引用元:KUMI’S POCKETS

上記のような暗記カードを購入すると、表に法用語、裏にその意味を記載しましょう。

法用語を覚えられていない人は用語でも問題ないのですが、用語を覚えている方は、過去問でよく間違えてしまう問題を暗記カードに記載するのもおすすめです。

何度も間違えてしまう問題を表に書き、裏に正解を記載すると効率的に復習できます。

勉強する際は、基本的に表を見て正解を考えます。

パッと正解が出てこない場合は、じーっと悩まずに裏の答えを見る方が効率的に復習できるので、すぐに答えを見ましょう。

宅建学習で暗記カードを使って勉強するコツ・注意点

宅建学習で暗記カードを使って勉強するコツ・注意点

ここでは、宅建学習で暗記カードを使って勉強するコツと注意点を解説します。

  • 効率を意識して高速スピードで回す
  • 五感をフルに使って暗記する
  • 本試験で答えられるようにする

それぞれ確認していきましょう。

効率を意識して高速スピードで回す

暗記カードを活用する上で重要なのは、勉強効率を意識して高速スピードで回す勉強を取り入れることです。

なかなか覚えられない人がやりがちなミスとして、1つ1つの問題に対して長考してしまうことが挙げられます。

人間が記憶に残るのは、忘れられないくらい印象的なことと、忘れられないくらい何度も繰り返し見聞きしたことです。

宅建の勉強を印象に残すのは難しいので、なかなか覚えられない法律事項でも繰り返し触れるのが重要と言えます。

その場で覚えようとするのではなく、何度も触れて覚えるようにしましょう。

五感をフルに使って暗記する

暗記カードを使って暗記する際は、五感をフルに使うのも重要です。

相手の顔は忘れても匂いや声は覚えているというように、視覚以上に嗅覚・聴覚が活躍する場合もあります。

このように、五感を使うことで脳に対してダイレクトに信号を送れるので、記憶の定着率が高まります。

具体的な勉強方法としておすすめなのは、ボソボソと声に出しながら覚えることです。

声に出すと自分自身の視覚・聴覚をフル活用できるので、周囲に人がいない場合は声に出して暗記しましょう。

本試験で答えられるよう暗記する

暗記カードを使って、本試験で答えられるように暗記するのも重要です。

思うように点数が伸びない方がやりがちなミスとして、暗記に夢中になりすぎるあまり、「試験合格」という本来の目的を見失う場合があります。

本来は宅建合格が最終的な目的であったものの、気が付くと法律事項を覚えることが目的になり、いざ試験を受けてみると全く使えない知識として定着しているというケースも少なくありません

暗記する際は本試験に対応できるように、丸暗記したものを自分なりに解釈するフェーズに進みましょう。

宅建の4択問題や過去問を解くと、自分なりに解釈する勉強ができるので、教科書や暗記カードで覚えた内容は必ずテキストを使ってアウトプットしましょう。

宅建試験直前期は暗記カードを使って点数を伸ばそう!

宅建試験直前期は暗記カードを使って点数を伸ばそう!

本記事では、宅建は丸暗記で合格できるのかという点や、暗記カードを使って勉強するメリット、暗記カードを使った勉強法、注意点などを紹介しました。

宅建試験直前期は、復習の効率化が命なので、復習を最適化できる暗記カードを使った勉強がおすすめです。

また、スキマ時間を活用して勉強する方法として、宅建通信講座を受講することも挙げられます。

宅建通信講座を受講すると、移動時間や食事の時間だけでなく、トイレの時間やお風呂の時間にも勉強を進められます。

スタケンでは、学習をサポートする「学習指導会」やモチベーション維持の助けになる「学習進捗会」など、勉強の継続をサポートするサービスを豊富に用意しています。

宅建通信講座、スタケンを最大限活用し、宅建合格を掴み取りましょう。

気になるスタケンのサービス内容や受講するメリットについては「スタケンのサービス内容・口コミ|スタケンを活用して合格圏内を突破する勉強法も徹底解説」の記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

最短合格目指すならスタケン®︎宅建講座
  • 合格したら費用全額返金
  • 申し込みやすい業界最安圏の価格設定
  • オンラインサポート満足度98%
  • 無料体験動画100本以上視聴可

\ 合格時全額返金キャンペーン/


The following two tabs change content below.
<監修>スタケン宅建講座ナビゲーター / 宅地建物取引士 / マーケティング事業部 / デザイナー / マーケター / スタケン宅建講座を7年間運営。当講座を使った自身の合格体験を元に、プロの講師陣と共同で講座開発に携わる。現在は動画を中心に元受験生として、宅建に最短合格するための「ノウハウ」を伝える活動に従事。デザイナーとしてスマホアプリのUI・UX開発実績も多数。

-学習方法

執筆者: