学習記録

宅建試験直前にやってはいけないことは?やるべきことや勉強法も解説!

投稿日:2023年3月28日 更新日:

「宅建試験が直前に迫っていて不安…」
「宅建試験直前にやるべきことは何?」

上記のような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。宅建試験直前は、過ごし方や勉強法で合格に影響するほど重要な時期です。今まで積み重ねた努力が無駄にならないためにも、宅建試験直前の時期は有意義に過ごす必要があります。

そこで今回は、宅建試験直前におすすめの勉強方法や、やるべきことについて詳しく解説します。宅建試験直前の時期に不安を抱えている方や、勉強方法について迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

\ 合格時全額返金キャンペーン/

宅建試験直前におすすめの勉強方法3選

宅建試験直前におすすめの勉強方法は、以下3つです。

  • 過去問をマスターする
  • 暗記科目を中心に学習する
  • 模試や予想問題集で本番形式に慣れる

過去問をマスターする

宅建試験は、過去問の類題から出題されるケースが多いため、過去問をマスターすることが合格への近道になります。

過去10年分の問題を覚えてしまうくらい繰り返し勉強し、本番試験への自信に繋げましょう。

また、過去問に取り組む際は1問ごとに時間をかけるのではなく、試験時間を想定して制限時間を設ける勉強法がおすすめです。

制限時間までに問題を解く力を身につけると、本番試験で類題が出題された時でも焦らず回答できるようになるでしょう。

暗記科目を中心に学習する

宅建試験は、暗記すれば得点を稼げる科目が多いため、試験直前は暗記科目を中心に学習する方法が効果的です。

例えば、法令上の制限や宅建業法は暗記できていれば簡単に解ける問題が多いため、試験結果に直結しやすい科目です。

法令上の制限を学習する際は、地域ごとの特徴を把握しながら必要な基準や許可を把握する「都市計画と結びつける勉強法」をすると、記憶に定着しやすいでしょう。

模試や予想問題集で本番形式に慣れる

ほかにも、模試や予想問題集を利用した「本番形式の学習」も効果的です。

本番形式に慣れておくと、本試験で自分の実力を最大限発揮できるため、宅建合格が急速に近づきます。

宅建試験直前に勉強する際は、とにかく本番形式を意識して学習に取り組みましょう。

宅建試験直前にやるべきこと

宅建試験直前にやるべきことは、以下3つです。

  • 体調管理を万全にする
  • 試験当日の予定を決めておく
  • 試験当日まで油断せずに勉強を続ける

体調管理を万全にする

宅建試験が行われる10月は季節の変わり目のため、体調に変化が起きやすい時期です。

試験当日に風邪やアレルギーなどを発症してしまうと、今まで積み重ねてきた努力が無駄になってしまうため、体調管理を万全に行いましょう。

また、試験前日の飲酒や夜更かしは翌日の試験に影響する可能性があります。

試験前日は、健康的な食事や生活を心がけて試験に備えましょう。

試験当日の予定を決めておく

宅建試験直前になれば、ギリギリまで勉強に集中できるように試験当日の予定を決めておきましょう

具体的には、起床時間・朝食・本番前に確認する教材や分野・休憩時間の過ごし方など、試験当日の動きを綿密にシミュレーションしておくと迷わず行動できます。

余計なことは考えず、試験当日に今まで積み重ねてきた知識を存分に発揮し、宅建試験に合格しましょう。

試験当日まで油断せず勉強を続ける

宅建試験直前の時期は、過去問やテキストの内容が頭に入っている方が多いため、「絶対合格できる!」と安心してしまいがちです。

しかし、試験当日まで勉強せずにゆっくり過ごしてしまうと、暗記したはずの内容を忘れたり時間配分がわからなくなったりする可能性があります

人間の脳は、1度学習した内容を1週間後には77%忘れてしまうといわれています。

直前期でも油断せず当日まで学習を行い、最大限実力が発揮できる状態にしておきましょう。

宅建試験直前におすすめのテキスト・アプリ3選

宅建試験直前におすすめのテキスト・アプリは、以下3つです。

  • どこでも学ぶ宅建士 法改正対応 出るとこポイント超整理
  • 2023年版 出る順宅建士 逆謎解き式!最重要ポイント555
  • 宅建 過去問集 2023年版「スタケン問題集」

どこでも学ぶ宅建士 出るとこポイント超整理 2023年版

「どこでも学ぶ宅建士 出るとこポイント超整理」は、本試験で狙われている最重要ポイントが簡潔にまとめられているため、試験直前の学習におすすめです。

直近の法改正にもしっかり対応しているため、試験前に誤った知識を覚えてしまうリスクがありません。

また、出題可能性が高いテーマごとに重要度を3段階に分けているため、試験当日の最終確認をスムーズに行える点も魅力の1つです。

試験直前に出題確率が高い分野を網羅的に抑えたい方は、「どこでも学ぶ宅建士 出るとこポイント超整理」がおすすめです。

2023年版 出る順宅建士 逆解き式!最重要ポイント555

「出る順宅建士 逆解き式! 最重要ポイント555」は、冒頭のPointに覚えるべきことが記載されているため、全分野を最短で学習可能なテキストです。

宅建試験直前は、長々とした解説をたくさん読むよりも、各分野覚えるべきポイントを抑える勉強法が効果的です。

このテキストを試験直前に活用すると、各ページ右横にある法律用語の解説や簡潔な講師アドバイスを確認できるため、覚えるべきポイントをしっかり把握できるでしょう。

宅建 過去問集 2023年版「スタケン問題集」

宅建 過去問集2023年版「スタケン問題集」は、iOS・Android両方に対応しているアプリとなっており、過去10年分(2,400問)の問題が収録されています。

無料アプリですが、問題形式を一問一答・四択一形式・年度別から自由に選択できるため、試験当日の移動時間に過去問を解くことが可能です。

また、試験当日までにアプリを利用して学習データを蓄積しておくと、苦手な分野のみ出題される問題形式を選択できます。

宅建試験直前に手軽に最終確認できるアプリをお探しの方は、「宅建 過去問集2023年版「スタケン問題集の利用がおすすめです。

なお、スタケンアプリと開発元が同じである通信講座は、スタケンです。

開発元が同じなので、アプリと相性が良く、合格に向かって一直線に勉強できます。

スタケンのサービス内容については「スタケンのサービス内容・口コミ|スタケンを活用して合格圏内を突破する勉強法も徹底解説」の記事で紹介しているので、参考にしてください。

宅建試験直前にやってはいけないこと

宅建試験直前にやってはいけないことは、以下3つです。

  • ほかの受験生の真似をしてはいけない
  • 模擬試験を複数回受講してはいけない
  • 新しいテキストや問題集を買ってはいけない

ほかの受験生の真似をしてはいけない

宅建試験直前になると、ほかの受験生の勉強法や進捗具合が気になり、SNSを利用してやり方を真似しようとする方も少なくありません。

しかし、ほかの人の勉強法を取り入れたところで自分に合っていない可能性が高く、逆に勉強の効率が悪くなってしまうリスクが高いです。

今まで自分が積み重ねてきた勉強法を信じ、足りない知識や最終確認に時間を使いましょう。

模擬試験を複数回受講してはいけない

宅建試験直前になると、自分の実力を把握したり、実践形式の試験に慣れようとしたりして模擬試験を受けたくなるものです。

しかし、模擬試験は自分の実力を伸ばす試験ではなく、自分の実力を試すものなので直前学習には向いていません。

受験する回数はどんなに多くても3回までと決め、自分の実力を伸ばす勉強に集中しましょう。

新しいテキストや問題集を買ってはいけない

宅建試験直前は、「こっちのテキストの方がいいのかな?」と、自分が勉強しているテキストが正しいか不安になってしまう方が多いです。

テキストごとに図や表が使われているなどの差はありますが、記載されている内容はどのテキストも似たようなものです。

テキストを何冊購入しても飛躍的に自分の実力が伸びるなどの成果はないため、今まで学習しているテキストを信じて学習しましょう。

ただし、上記で紹介したような要点をまとめているテキストの場合は、試験直前の学習を効率良く進められます。

「最終確認を効率良く進めたい」など、合理的な理由がある方のみ追加のテキストを購入しましょう。

まとめ:宅建試験直前も最後まで勉強しよう

宅建試験直前は、今まで努力した時間が多い方ほど、不安やプレッシャーに押しつぶされそうになる期間です。しかし、上記でご紹介したやるべきことを徹底して実力を発揮すれば、努力に見合う対価がついて来るはずです。

最後まで油断せず、試験当日も最終確認を怠らずに悔いなく試験に挑みましょう。

スタケンアプリは、日々の学習記録を元にAIが苦手分野を洗い出してくれるため、宅建試験直前の最終確認に最適です。

宅建試験に不安を抱えている方や、試験直前に過去問を効率良く解きたい方は、スタケンアプリを利用してみてはいかがでしょうか。

最短合格を目指すならスタケン
  • 合格時全額返金
  • 受講しやすい価格設定
  • ZOOM相談会の満足度100%
  • 進捗相談会で勉強の継続をサポート

\ 合格時全額返金キャンペーン/

-学習記録
-,

執筆者:

人気記事