お問い合わせ

「MIXINK」(ミキシンク)が叶える省スペース化。1Rの可能性を広げる新たな住設機器とは?

2021.10.06
  • やってみた

    「オフィスを飛び出しやってみた。」

    このコーナーは、読者の皆さまに賃貸管理の「今」をお伝えするべく、弊社社員がオフィスを飛び出し、社内外のさまざまなイベントに参加する企画です。

    今回、賃貸管理の情報バラエティ番組「ゴリラチャンネル」の撮影に同行して、向かった先は三菱地所レジデンス株式会社の秘密のラボ。そこで洗面化粧台とキッチンをミックスした驚きの住設機器「MIXINK」(ミキシンク)を見学しました!

     

    【動画】新しい時代の住宅設備!!ミキシンクってな~に?

     

    《ゴリラチャンネルとは?》

    貸管理専門のオンライン動画講座「スターカレッジ」を運営している当社では、賃貸管理について楽しく・気軽に・分かりやすく学んでいただこうと、バラエティ要素満載の「ゴリラチャンネル」を定期配信しております。学習の息抜きに、また、ちょっとした話題探しに当番組をぜひご活用ください。

    生き方の多様化、見えてきた1Rの限界

    進行役は番組お馴染みの高橋さん・上原さん

    数あるライフスタイルに合わない間取り・設備

    この日、ゴリラチャンネル撮影班が訪れたのは東京都港区にある三菱地所レジデンス株式会社のラボでした。

    三菱地所グループで住宅事業を担う同社は、分譲マンションブランド「ザ・パークハウス」シリーズを展開し、全国トップクラスの供給戸数を誇っています。

    また、高品質賃貸マンションブランド「ザ・パークハビオ」シリーズにも力を入れており、《よく働き、よく遊び、よくやすらぐ。》をコンセプトに、時代の価値観を捉えた住まいづくりにチャレンジしています。

     

    そんな同社ですが、賃貸マンションを展開する中で、これまで幅広い層に受け入れられてきた1Rに対して、あるとき疑問を抱くようになったと言います。

    その疑問とは、住む人はさまざまなライフスタイルを持っているのに間取りや設備は画一的で限定的であるということ。人々の生き方が多様化したことで、1Rに暮らす全員が同じようなライフスタイルではなくなったという時代背景があるのではないかと考えたのです。

     

    たとえば、1Rで「在宅勤務をがんばりたい」と思っても、ワークスペースを追加しようとすると部屋面積が足りなくなります。そのため、従来のお部屋では「仕方ない、代わりにソファを置くのを諦めるか」となったり、「家では仕事ができないからカフェにいくか」といった制限を受け入れざるを得ませんでした。

    もはや定番化した従来の1Rでは、さまざまなライフスタイルを賄うだけの余白が足りなくなってしまったわけです。

     

    そこで三菱地所レジデンス株式会社がタカラスタンダード株式会社と共同開発したのが、1Rに余白をつくり、新しい間取りを選択可能にする、洗面化粧台×キッチンの「MIXINK」(ミキシンク)でした。

    “余白”を生み出す「ミキシンク」という発明

    MIX〈混ぜる〉× SINK〈洗面台〉でミキシンク

    マイ・ライフスタイルを諦めない

    さて、こちらが1Rの洗面化粧台とキッチンを組み合わせた「ミキシンク」

    キッチンをほとんど使わないライフスタイルの入居者に対してキッチン機能を限りなく少なくすることで、居室に1帖ほどの空間をつくり、その空間を使って新たな間取り提案を実現することができます。

    兼用して1帖ほどの余白を生み出す

     

    新たな空間の使い方は入居者次第です。ワークスペースを設けてもいいですし、書棚を置いて収納を増やしても構いません。1Rにミキシンクという選択肢を備えることで、「ワークスペースも欲しいし、ソファも置きたい」などの、これまで諦めていたライフスタイルを諦める必要がなくなります

    多様化するライフスタイルに応え、生活空間を拡大する1Rの新たな選択肢、それが「ミキシンク」なのです。

    お部屋の隅にコンパクトに収まるミキシンク

    たっぷり収納にはキッチン用品と洗面用品が同居

    洗面台とIHコンロの自然な取り合わせ

    天井収納とレンジフードもばっちり

    事業用でも役立つミキシンク

    ミキシンクの使い方は居住用だけに止まりません。

    たとえば、ネイルサロンや美容室などのサロン物件にある小規模な洗面・キッチンスペース。そこにミキシンクを導入し、1帖ほどの余白を生み出せれば、そのぶん施術台を増やすこともできるかもしれません。

    使い方次第で店舗の売上アップにもなる、そんな可能性をミキシンクは秘めています。

     

    ちなみに、三菱地所レジデンス株式会社によると、洗面化粧台とキッチンを一つにまとめることで水回りの配管が減り、建築工事のコストダウンにつながるメリットもあるとのこと。

    ミキシンクを設置することで工事費を抑え、浮いたお金で部材に良いものを使ったり、新たな設備を置いたりすれば、効率よくお部屋の付加価値を高めることができるのです。

    番組では、ミキシンクの生みの親・近藤都さんにもお話しいただきました!

    ゴリラチャンネルで賃貸管理を楽しく学ぶ!

    似て非なるものを組み合わせた見事な賃貸アイデアでしたが、いかがでしょうか。

    兼用可能なものを見つけ、水回りをスリム化することで、入居者の多様なライフスタイルに応えようとするミキシンク。2022年には三菱地所レジデンス株式会社が手掛ける賃貸マンション「ザ・パークハビオ」に導入される見通しとのことで、今後の活躍が楽しみです。

     

    ゴリラチャンネルでは、定期配信の中で巷の気になる物件情報も随時ご紹介しております。また、メインコンテンツとなるオンライン動画講座「スターカレッジ」では、社員教育に役立つ賃貸管理の動画コンテンツがずらり。講座の無料体験もできますので、ぜひこの機会にお問い合わせください。

    PMニュース&コンサルタントコラムへ戻る
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    PAGE TOP