学習方法

宅建ノート の作り方【宅建試験合格への道】

投稿日:

宅建合格にむけて学習していく上で、みなさんはオリジナルの 宅建ノート を作っていますか?

社会人になってからはメモを取る程度で、なかなかノートを作って学習する機会は少ないかと思いますが、宅建合格にむけてオリジナルノートを作ってみてはいかがでしょうか?

注意していただきたいのは、間違ったノート作成をしてしまうと、意味のないことをノートに取り勉強した“つもり”になってしまいます。

みなさん学生時代にそういった経験があり十分理解しているかと思いますが、再確認も含めて宅建試験のためのノート作成法をお話ししていきます!

 

なぜノート作成が必要なのか?

“そもそもノートを取ることは必要なの?”
“ノートを取るのは時間がかかって無駄なのでは?”

 

ノートを取るという作業は確かに時間がかかります。

お仕事が忙しい方にとって、貴重な学習時間にノートを作成する時間を割いて良いのか?

と不安になる方もいらっしゃるかと思います。

では、なぜノートを作ることが必要なのでしょうか?

学校で授業を受けるときはいつもノートを取っていましたよね。
それは小学生も大学生も同じです。

むしろ社会人になってからでさえも、上司が教えてくれることに関してメモを取ることは欠かせません。

ノートやメモを取ることって、かなり大事な作業なんですよね。

覚えなければならないことやポイントを書く→書いて頭に入れる→忘れないように見直しができる→理解する

このように、ノートを取る・作成することは効率的な学習法なんです!

そして、この目的は「理解すること」ですよね。
ノートに書いていることは、後から何度でも復習することができます。

「自分はなぜこの問題が解けないのか?」
「この解説だと分からないけど、この人の言っていることを聞けば理解できる!」

そういった、自分が分からない部分を徹底的に分析し、効率的に理解できるノートを作成すれば、後から同じ問題を解いて忘れていることがあり間違えてしまったときに、ノートを見直してもう一度理解することができます。

よくありがちなのは、「ノートを取らなければ!」という考えが強くなり、ノートを作成したことで満足してしまい、それを使わなくなってしまうことです。
目的が、「ノートを取ること」にすり替わってしまうのです。

たしかにノートを取ることは大事ですが、あくまで学習手段の1つです。

自分で無駄な時間にしてしまわないためにも、うまく活用していきましょう。

 

ノート作成するべき内容

覚えるべきことをなんでもノートに書けば良いというわけではありません。

自分が理解できていない部分や理解しづらい部分を、「最後にこのノートを見れば一発だ!」と思えるくらい、必要最小限にまとめていければと良いかと思います。

たとえば宅建初学者からすると、最初は分からないことしかないですよね。

それをすべてノートにまとめるのは時間がかかりすぎるので、圧倒的に非効率です。

ですので、最初から分からないところをノートに書くのではなく、2~3周過去問を解いてある程度理解したあと、それでもたまに不正解を出してしまう問題、根本的にあまり理解できていない問題をピックアップして、ノートにまとめるようにしましょう。

よく、勉強する際に授業中の黒板を丸写しする方や、教科書と同じようにノートをまとめる方がいらっしゃいます。

そもそも、テキストは大事なことをすべて集約させた内容になっています。

一番うまくまとめられているため、テキストに書かれている内容の復習はテキストを見れば良いので、当たり前ですがノートに取る必要はありません。

ノートに取るのは、テキストに書かれていないことや講義動画の講師がポイントとして喋っていたこと、そして理解したい部分を自分が理解できるような内容に変換して作っていけば、とても良いノートを作ることができます。

 

宅建合格のためのノートの作り方

宅建の学習法はさまざまありますが、今回は動画・テキスト・過去問それぞれでのノートの取り方を例に挙げて具体的にご説明します。

◎動画学習

講義動画は、講師がホワイトボードに内容をうまくまとめていたり、テキストを用いて大事な部分にマーカーを引いたりして解説していきますよね。




基本的には動画を見ているだけで理解できる内容になっているため、最初はひたすら動画を見て学びましょう。

ある程度学習が進んでいった段階で、「この分野のここはよく分からないな」と感じた際に、その内容が解説されている動画を見直してみてください。

講師の図解がとても分かりやすければそれをそのままノートに取っても良いですし、講師が喋っている言葉の中で「いまの説明分かりやすい!」と感じた言葉を文字に起こしてノートに取るのも良いでしょう。

そうすれば、また同じところでつまずいたときに、テキストや動画で調べる必要はなく、ノートを見返すだけで理解できるようになります。

◎テキスト学習

基本的にはテキスト学習においてノートを作成する必要はないと考えています。
理由は、テキストの内容をそのまま丸写ししてノートを取ってしまう方が多いからです。

それでもノートを活用できる方法としては、暗記ものを書き出したり、自分の理解できていない分野の要点をまとめて書き出したりすると良いでしょう。

暗記ものは分野問わず、書き出してまとめておくと一気に覚え、また見直すことができます。

さらに、自分なりに要点をまとめてノートを取ると、書くことでより覚えやすくなり、最後の見直しもノートを見るだけで済ませることができます。

宅建テキストは、基本書(参考書)以外に「要点整理テキスト」が販売されていますが、このテキストは基本書よりも圧倒的に薄く、長い説明が省かれた重要のポイントのみ詰まっているものです。

つまり、この「要点整理テキスト」を購入するのではなく、自分で作ってしまえ!というわけです。
自分で作ることで、無駄なものが省かれた、完全版の要点整理テキストとなります。

ただ、これはとても時間がかかってしまうため、一気にまとめあげるのではなく、理解が難しかった勉強をしたその日に、ポイントを1つや2つ書く程度にしましょう。

◎過去問学習

過去問集の勉強は宅建学習の中でとても重要な部分です。

最低でも過去問10年分を3周することをすすめていますが、3周程すると、「内容が理解できていなくて間違う問題」や「理解したつもりだったけど内容が思い出せず解けなかった問題」というものが出てきます。

そういった問題をなくし、次からは違うニュアンスで問題が出たとしても解けるように、強化が必要です。

少し時間はかかりますが、問題文をノートに書き写し、その解説を読んで自分なりの分かりやすい表現をノートに書く、
もしくは、
解説でも分からなかった場合はネットで調べて分かりやすかったものをノートに書き写しておきましょう。

自分なりのノートの作り方がすでにある方は、その方法でも良いかと思います。
元々頭の良い方も、ノートを作る必要はない、と思っているかもしれません。

ただ大半の方は、一度は覚えたことも、なにか強烈なインパクトがあって覚えたこと以外は、時間が経ってみるとほとんど忘れてしまいますよね。

宅建は、ただの暗記では合格は厳しいです。
しっかりと内容を理解しているかどうかが試験問題で問われます。

そのために過去問を何度も解いたり、ノートを用いて復習したりすることが重要なのです。

 

注意!ノート作成でやってはいけないこと

×宅建学習のスタートからノートを作成する
×テキストの丸写し
×綺麗に丁寧にまとめる
×多色ペンを使って書く
×理解できていることまで書く

どれもノート作成時にやってしまいがちなことですが、ぜひ注意してください。

ノート作成もある程度時間のかかる作業です。自己満になってしまう気持ちも分かりますが、綺麗に書こうとするほど時間がかかってしまいます。

また、理解できていることはテキストを見て理解しているのですから、その要点をノートに書く必要はありません。

ノートを誰かが見ることはないのでなぐり書き程度で良いのです。

綺麗にまとめたはいいものの、そのノートで完結できなければ更に調べる工程が増えてしまい、結局時間の無駄、となるので必要最小限にまとめることです。

「試験当日に最後の弱点対策として、テキストではなくこの一冊を眺めていれば良いノート」にできるくらい、無駄のない自分のためだけの内容にしましょう。

 

まとめ

宅建合格のための1つの手段として、今回はノートの作り方を解説させて頂きました。

ノートを取るべきか、取るべきでないかの話はネットでもよくあがっていますが、必要ないと思う方におすすめするわけではありません。

宅建初学者の方にとっては学習法もまだまだ分からないことがあるかと思います。

そんな方にむけて、正しいノート作成ができれば、とても効率の良い学習法になりますよ、とおすすめしたいです。

上記のポイントを押さえて、最強オリジナルノートを作成していってください!




The following two tabs change content below.
Saaya

Saaya

不動産業界歴7年、2014年宅建士取得。 たまにライターのお仕事をさせて頂いています。 休日は映画鑑賞、犬とドライブすることが趣味です(^^)

-学習方法

執筆者:

逆回転学習メソッドで宅建「一発合格」スタケン